『月刊 人事マネジメント』 を担当するベテラン記者たちです。

 関本 茂

担当:「今月の社員食堂」「あしたの人事部長」「老舗のDNA」「ロングインタビュー」ほか

出版業界で暮らして早くも四半世紀超。若い頃には考えもしなかったジャンルが今の自分の取材テーマとなっているのが不思議だ。しかも、おもしろい。自分自身をしっかりマネジメントできないくせに、皆さんの『人事マネジメント』を綴っている自分もおかしいが、それもまた自身の生き方。人と出会い、言葉を交わす中でしか生まれない“発見”という究極のエンターテインメントを、これからもカメラかついで探しに行きます!

もうひとこと:2017年3月号「老舗のDNA」取材後記
今年、創業から120周年の節目を迎える明電舎。「当たり前に続く日常」のために欠かせない社会インフラと深く関わる企業ゆえに、同社で働く1人ひとりの使命感は大きい。そこで記者は“地味にスゴイ”同社の魅力を探るために品川区の本社ビル、ThinkPark Towerへ伺った次第。「これからも多様な人財が活躍できる会社であることが重要」と強調するのは人事企画部の皆さん。今回のキーワード“志を同じくするもの”たちが集う老舗企業のDNAは明日へ、そして未来へと着実に伝えられていく。

過去の「もうひとこと」


 伊藤 秀範

担当:「THE LONG INTERVIEW」「実録 人事制度」「ギョーカイ人事図鑑」「人事プロ」ほか

編集者として、ライターとして、さまざまなジャンルの雑誌や新聞、書籍に携わってきましたが、「人事」ほど魅力的、かつ自分に成長をもたらしてくれる分野はありません(ホント)。この分野での取材活動をし始めてからは約10年ほどですが、その間に産業カウンセラー、キャリア・コンサルタントの資格を取得しました。メンタルヘルスやキャリア教育の現状や課題を、客観的なライター目線だけでなく、当事者目線でも感じてみたいと思ったからです。これも一般紙では味わえない専門誌記者ならではの醍醐味。ライターとして、ちょっぴり新境地の扉に触れた気分です。さらに今は福祉系資格の勉強もしていますが、そのきっかけもやはり人事です。取材で「介護離職」や「障がい者雇用の法定雇用率」などの課題に触れるたびに、「人事と福祉の重なり合う領域」の重要性を痛感。以前はほとんど関心のなかった福祉の勉強が、人事ライターであることで、とても興味深く、楽しく感じられます。人事というものの普遍性、奥の深さを、身をもって痛感している今日この頃です。

もうひとこと:2017年4月号「ダイバーシティ最前線」取材後記
在宅勤務や派遣先での就労など、働く場所の多様化は時として孤独、疎外感の温床にもなりうる。さらにフレックスタイムや時短勤務などの働き方の多様化は、社員間のコミュニケーションの観点からも、今後、会社組織としてのさまざまな施策が生まれてくるのではないか、と予感させる。今回のヒューマングローバルコミュニケーションズの社内ランチルームなどは、その意味でとても参考になる取り組みであるように思う。お昼に就労先から自社に戻り、仲間と一緒にランチを食べる。わざわざ電車賃をかけてまで……と思われる人もいるだろうが、フリーランスのわが身としては、ちょっぴり参加する人たちの気持ちが分かるような気もした。

もうひとこと:2017年4月号「実録 人事制度」取材後記
「山ごもり」というネーミングには、ちょっぴり郷愁感もあるが、同時に今の時代にあっては不思議な新鮮さも感じさせる。そんなネーミングのロックオンの休暇制度の魅力と意義については記事のほうで堪能していただければと思うが、なぜ、「山ごもり」に新鮮さを感じるのか?については、やはり近年のスマホ、ケータイなどの普及による過剰なつながりへの個人的な疲れもあるのかな、という気もしている。コミュニケーション促進を目的とした人事制度は数多いし、その必要性も感じている。ただ、あえて「つながらない」時間を持つことによるリフレッシュ効果というものも、個人の生産性の観点から有益ではないかとも思うが、それは単に記者の歳のせい?


過去の「もうひとこと」


 田中 実

担当:「Case Report あの会社この制度」

英国イーストアングリア大学大学院国際関係学科修了。英国ミドルセックス大学大学院マーケティング学科中退。2006年、コンサルティング業に従事する傍らビジネスジャーナリストして活動を開始しました。主な執筆分野はビジネス全般で「組織」「人事」「営業マーケティング」などをテーマにビジネス誌に執筆しています。著書に『聞く営業でNo.1になる技術』(東洋経済新報社)。

もうひとこと:2017年5月号「Case Report あの会社この制度」取材後記 大日本印刷
長時間の取材にもかかわらず、丁寧なご対応と担当の方の熱意が感じられる取材となった。紙面ですべてを紹介できないのが残念であるが、その継続的な取り組みは他社の参考になる部分も少なくないだろう。

過去の「もうひとこと」


 坪 義生

担当:「Brand-New人事System」

本誌取材記者のほか、社会保険労務士、清和大学法学部非常勤講師(労働法、社会保障法)をしています。自他とも認める部類の酒好きで、365日、休肝日はありません。どこか切ったら血液でなく、アルコールが流れるんじゃないかとも言われています。日課は、早起き、朝カレー(激辛)、朝風呂、そして、仕事の後はもちろん晩酌。趣味は、料理(揚げ物以外は何でも作ります)、刀剣鑑賞、そして、お酒を飲むことです。

もうひとこと:2017年3月号「Brand-New人事System」取材後記
女性労働者の「再雇用特別措置」が、1985年に男女雇用機会均等法が施行された当時に規定されていたことについては、意外と知られていないかもしれません。努力義務とはいうものの、「ブーメラン採用」が盛り込まれ、現在の育児・介護休業法に引き継がれています。その意味で、「ブーメラン採用」の最近の導入事例について、一定の線引きが必要だと考えます。今回、取り上げた富士通の「カムバック社員制度」は、育児・介護はもちろん、配偶者の転勤に加え、転職による退職までも対象としています。特に転職者の再雇用こそが、アメリカ型の「ブーメラン採用」であり、今後、どこまで導入企業が増えるかが注目されるところです。なお、先日、富士通広報IR室の松本さんから、ICTを活用した富士通の「働き方改革」として2017年4月より「テレワーク勤務制度」を正式導入する旨のご案内をいただきました。いずれ、本誌で紹介させていただければと思います。

過去の「もうひとこと」


 崎原 誠

担当:「チャレンジ制度運用シリーズ」

企業の人事労務管理の専門誌で、20年にわたり、編集者・記者の仕事をしてきました。とても楽しく働いていましたが、自分のやりたいことにより専念したいと考え、退職を決意。現在は、フリーの立場で、この分野のライターとして活動しています。規模・業種を問わずさまざまな会社を取材しますが、そのたびに感じるのが、ご対応いただく人事担当者の熱い想いです。皆さん、「会社をよくしたい」「社員のやる気を高めたい」という気持ちにあふれていて、刺激を受けます。そんな人事担当者の熱意を少しでもお伝えできたらと考えています。

もうひとこと:2017年5月号「チャレンジ制度運用シリーズ」取材後記 ディアーズ・ブレイン
ディアーズ・ブレインの「弾丸トラベラー研修制度」は、抽選で選ばれた社員の海外渡航費用を会社が負担するもので、行き先も目的も自由。何でも好きなことに挑戦できる、なんともうらやましい“研修”だ。「こんな研修があったらいいよね」という社員の思いを人事が吸い上げ、制度化したものだという。社員がこんな制度を提案したら怒られる会社も多いだろうし、そもそも社員は、こんな制度を導入してもらえるとは思わないだろう。こうした声が人事に届くのは、社員が何でも言いやすい雰囲気と関係性を人事担当者が築いているからだ。そして、社員の思いを受け止めて制度化した人事も素敵だし、人事の提案に喜んでOKを出した経営トップも素敵だ。

過去の「もうひとこと」


 イラスト・脇坂 聡